白華現象の原因、対策、除去方法

スポンサードリンク

白華現象の原因、対策、除去方法

白華現象とは

白華現象とは、コンクリートやモルタルの表面部分に、
白い生成物(炭酸カルシウムなど)が浮き上がる現象をいいます。
白華は「エフロレッセンス、エフロ」と呼ばれたりもします。

 

白華現象が起こる原因

白華現象が起こる原因は、
コンクリートやモルタルといった、セメントが含まれるものの
内部(表層部)に侵入した水分が蒸発する際に、
石灰分などの可溶成分とともに表面に染み出し固まってできるものや、
空気中の二酸化炭素と反応して固まってできるものなどが考えられます。

 

白華現象は、施工直後が一番起こりやすいと言われており、
特に、日当たりの良い南側で起こりやすく、
気温の低い冬の方が進行しやすいと言われています。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

白華現象の影響

白華現象が起こっても、コンクリート構造物の強度には問題はなく、
生成物も無害であすので、人体や環境に悪影響を及ぼすことはありません。
ただ、外観を損ねてしまうという難点があります。

 

白華現象が起こった場合の除去方法

白華現象が起こった場合の除去方法としましては、
意外と簡単で、白華現象が起こった直後であれば、
ブラシで水洗いをすることで落とせる場合が多いです。

 

時間が経つと落としにくくなりますので、白華現象が発生したら、
早めにブラッシングで汚れを落としましょう。

 

また、一度洗い落としても何度か続く場合が多いですので、
その都度ブラシで水洗いをしてください。

 

落ちにくい場合は、クエン酸を主成分とした洗浄剤や、
家庭用の酸性洗剤を薄めて使うことで落としやすくなるかと思います。

 

白化現象の除去、清掃に便利なもの

下記の商品は、ブロック塀、外壁の汚れた箇所に吹き付けて、
2〜3分間放置後に水で洗い流すだけでよいので非常に便利です。

 

コンパネアク、水垢、洗い出し、錆、湯石、青コケ、
黒カビなどといったものにも効果があります。

 

洗浄体は、インターロッキングブロック・ブロック類・コンクリート・モルタル・煉瓦・
目地・タイル・テラゾー・ボンタイル・リシン・洋瓦・御影石・ガラス・ステンレス・
アルミ・銅・その他セメント二次製品など幅広いものに対応し、
環境に優しい無公害成分を使用しているため安心ですので、
外壁の落ちにくい汚れにお困りの方は試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク