郵便受け(ポスト)を設置する際の注意点

スポンサードリンク

郵便受け(ポスト)を設置する際の注意点

ご自宅の郵便ポストは、あまり意識せずにこだわらない方も
多いかと思いますが、デザイン面、機能面だけでなく、防犯面も含めて、
実は意外と重要なポイントです。

 

郵便受けには、郵便物、新聞、回覧板、メール便などが投函されますが、
これらには個人情報が多く含まれますので、
郵便物を盗まれてしまうとさまざまな危険にさらされてしまいますので注意が必要です。

 

郵便受けは大きめのもので、鍵のついたものがおすすめ

郵便受けは大きめのもので、鍵のついたもの、
外部の人間が簡単に郵便物を取り出せないものにする必要があります。

 

郵便受けが小さいと、旅行などで数日間外出した際に、
郵便受けがいっぱいになって溢れだし、新たな郵便物が
郵便受けの外に置かれるということになってしまい、
郵便物が無防備になるだけでなく、
この状態から留守であることをさらしてしまうことになりますので、
容量は大きめのものがよいでしょう。

 

投函口が大きすぎるものも、そこから手を入れて郵便物を盗まれてしまうことも
ありますので、最低限の大きさを確保しつつ、容易にそこから手を入れて
取り出すことのできないサイズ、構造のものにするようにしましょう。

 

ちなみに探偵ナイトスクープというテレビ番組で、
「たびたび郵便物に不審な穴があいていることがあり、
原因がわからないので調査をお願いします」
という依頼があり、カメラを設置して調査をしたところ、
郵便受けにナメクジが侵入し、郵便物を食べていたということが原因と発覚した回がありました。

 

ですので、郵便受け内に虫やナメクジが侵入し、
郵便物を荒らされてしまうということもあるようです。

 

このお宅では郵便受けの底板の穴からナメクジが侵入していたようですが、
虫などが入り込んでしまう場合は、出入り口を特定し、
なんらかの処置をするなどして対応するとよいでしょう。

スポンサードリンク