外構(エクステリア)の猫の糞、尿対策

スポンサードリンク

外構(エクステリア)の猫の糞、尿対策

家の庭、エクステリアは工事が完成して引き渡しを受けてから、
いよいよご自身でその空間を利用することになりますが、
その時点で満足の状態でも、その後長く、心地よい状態を保つには、
日々の手入れ、メンテナンスが必要となります。

 

数年に一度、傷んだ部分の修復や塗装の塗替えなど、
大掛かりなものから、植栽の水やり、手入れ、落ち葉やほこりなどといったものから、
動物の糞尿の処理などが必要となることもあります。

 

ご自身で猫などを飼われていれば、その猫の糞尿の処理を想定するのは
当然ですが、ご自身で飼っていなくても、野良猫や近隣で飼っているがやってきて
糞尿をすることもあります。

 

猫は自分の尿でマーキングをして自分の縄張りと決める習性がある

 

猫は自分の尿でマーキングをして自分の縄張りと決める習性を持ちますので、
ひとたび猫のトイレにされてしまうと、
猫のテリトリーにされてしまい、延々と猫の糞尿に悩まされることになってしまいます。

 

庭、エクステリアの地面の材質はコンクリート、砂利、砂、芝生などさまざまあり、
猫がいつもやってくるので材質の変更を考える方もいますが、
猫はひとたびテリトリーにしてしまえば、
材質関係なくやってきますので、こちらを変更してもあまり効果は期待できません。

 

猫を寄せ付けないようにするには、できるだけ糞尿はすみやかに掃除して
臭いが残らないようにして、猫が近づきたがらない環境を作ることが効果的です。
猫の嫌がるもののひとつ、臭いによって撃退するという方法があります。

 

ハーブ(レモングラス)・わさびの天然系成分で犬・のら猫を寄せつけない忌避剤

 

 

こちらの製品は、ハーブ(レモングラス)・わさびの天然系成分により、
犬・のら猫を寄せつけないばらまくだけの手軽な忌避剤となっています。

 

効果は7〜10日間の持続力ですので、定期的に散布する必要があり、
季節によっては効果の薄くなったり、植物や人体、車などの塗装に
影響がでる場合もありますので、使用する際は商品の説明をよく読んでから、
散布するようにしてください。

 

猫が嫌がる超音波で撃退

猫を撃退する方法で有効なもので、
音で撃退するという方法もあります。

 

 

猫が嫌がる超音波を発するというもので、
一般家庭に広く愛用され、公園や神社仏閣、公共施設、病院などでも
使用されています。
範囲内に猫がいると猫の動きに合わせて超音波を変調する仕組みになっており、
猫が音に慣れていすわるということもありません。
効果がない場合は、返金保証もついていますので、
猫にお悩みの方はお試しになってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク