エアコンの室外機の設置場所の注意点(トラブルにならないために)

スポンサードリンク

エアコンの室外機の設置場所の注意点(トラブルにならないために)

自宅の庭、エクステリアを考える際にはデザインや機能性を重視しがちですが、
その場所で生活していく上で、
近隣にお住まいの方々との関係も意識していかなければなりません。

 

計画段階では気づきにくく、実際暮らしてから
トラブルになる場合が多いもののひとつとして、
エアコンの室外機のトラブルがあります。

 

エアコンの室外機の設置場所は近隣住宅も配慮して

日本の夏は、湿気も多く厳しい暑さがやってくる地域が多いので、
エアコンを使用して暑さを乗り切る家庭が多いですが、
エアコンの室外機からは騒音と、熱気を含んだ空気が排出されますので、
これがお隣に吹くということで、トラブルの原因になることが多くあります。

 

ですので、まずはエアコンの室外機の設置場所はできるだけ
近隣の方の迷惑にならない場所を検討する必要があります。

 

とはいえ、都会などで住宅が密集している場合は、
室外機の設置場所が限られ、お隣に室外機の熱気を排出することを
避けることができないという場合もあります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

そのような場合は、フェンスを設けて温風を遮断するか、
配管を延長し、道路側や二階以上の部分に
室外機を設置するという方法もあります。

 

どのような方法が適切かは立地や周辺状況、予算なども含めて、
業者と話し合い、また可能であれば隣地のお宅の方の意見も聞いて、
検討していきたいところです。

 

少なくとも近隣の方と話し合いをすることで、
そのような面も配慮しているということを伝えることができますので、
コミュニケーションをとりながら生活を営むことで、
心地よく住みやすい環境づくりをすることにもつながります。

 

また、逆に隣地の家の室外機の温風が
あなたのお宅を直撃しているという場合も、
ご自身が室外機の設置場所を配慮するようなお話を持ちかけることで、
隣地の方もあなたの希望にそった変更をしてくれるということもありますので、
お互いコミュニケーションを取りながら最適な
選択肢を検討していただければと思います。

 

スポンサードリンク