外壁塗装の塗料の色選びについて

スポンサードリンク

外壁塗装の塗料の色選びについて

外壁塗装に使われている塗料は、
アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素塗料などが
比較的安価で人気ですが、近年次世代塗料として
遮熱塗料、遮断熱塗料、光触媒塗料といったものも登場し、
価格は高いですが、高い性能と耐久性を持ち、注目されています。

 

これら塗料をどれにするかということと、
塗料の色選びも重要なポイントです。

 

塗装が終わってから、後悔しないように
塗装前にしっかりと吟味しておきましょう。

 

塗料の色選び

色や塗料を選ぶ際は、
塗装業者に色見本やサンプルを見せてもらって
考える場合が多いと思いますが、
必ずしも色見本の色がそのまま外壁に反映されるというわけではないことに
注意が必要です。
光のあたり具合や周囲の景観によっても印象は変わることを
頭に入れておきましょう。

 

最近では、小さな色サンプルだけでなく、
大きいサンプルや、家の写真を3Dシミュレーションによって
外壁塗装後のイメージを見ることができたり、
試し塗りを行って実際の仕上がりを確認できる業者もあります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

色選びにこだわりのある方や、
ご自身のセンスに自信がある場合は、
自分の好みをトコトン追求するのもよいですが、
さほど色にこだわりがなく、あまり奇抜でない外壁がよいとお考えであれば、
高彩度より低彩度の色が無難です。

 

高彩度より低彩度の色が無難

高彩度より低彩度の色が無難です。
一般的には、ベージュもしくは白を選ぶ方が半数以上で、
続いてグレー系や茶系など落ち着いた色を選ぶ方が多いので、
塗装業者に人気の色をいくつか聞いて、
その中から選ぶという方法が失敗が少ないかもしれません。

 

明るさ、ツヤに制限のある塗料もある

ガイナなどの断熱塗料のように、
一定の明るさ以上の色しか出せない塗料もあります。
また、ガイナはツヤ無しのものしかなく、
ツヤ有りとすることもできません。

 

このように塗料によって色やツヤの有無に制限がある場合もありますから、
塗料選びをする際は、あらかじめ業者に塗料の性能と、
色の希望を伝えてふさわしいものを検討するとよいでしょう。

 

スポンサードリンク