塗装の養生、マスキングとは

スポンサードリンク

塗装の養生、マスキングとは

「養生(ようじょう)」とは

「養生(ようじょう)」とは、. 建築工事などで、破損防止の手当のことをいいますが、
塗装を行う際の「養生」は「マスキング」ともいい、
塗装を行う際に、窓やサッシなど塗装面以外に塗料がかからないように
シートやマスカー、マスキングテープなどで覆って、
塗料が塗装面以外に付着することを防ぐ処置にことをいいます。

 

建物部分以外にも、塗料が飛び散る可能性がある場合は、
庭木や車などにも養生を施す場合もあります。

 

養生はこのように、塗装面以外の保護の目的で行いますが、
塗装の境界線を決める意味もありますので、
養生をしっかり行うことがキレイな仕上がりにつながりますので、
(養生が雑であれば仕上がりも雑なものとなってしまいます…)
とても重要な工程です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

塗装作業を行う場所の近くに駐車場がある場合、
車に塗料が飛散しないように、車にも養生としてカバーを取り付けますが、
塗装作業中に車を出し入れする予定がある場合は、
その度にカバーをの付け外しを行うと、その度、作業を中断することになりますし、
その際にも塗料が付着してしまう可能性もありますので、
可能であれば、作業中は他の駐車に車を停めておいた方がよいでしょう。

 

庭木、植栽、盆栽の注意点

庭木や植栽にも養生をしますが塗装の工期が2週間ほどある場合は、
養生のビニールやシート植物を覆いっぱなしにしておきますと、
植物にダメージを与え、最悪の場合、枯れてしまうこともありますので、
移動が可能な盆栽や植木鉢は塗料の飛散の心配がない場所に
よせておいた方がよいでしょう。

 

塗装作業を行う際は、もちろん、業者、職人さんも
塗装面以外に塗料が飛散してダメージを与えないように
注意を払ってはくれますが、車を他の場所に停めたり、
植物やその他の物品など、ご自身で移動できるものは
極力移動してから塗装作業を行ってもらうようにしましょう。

スポンサードリンク