外壁塗装、屋根塗装する際の盆栽、鉢植え、プランター

スポンサードリンク

外壁塗装、屋根塗装する際の盆栽、鉢植え、プランター

外壁塗装、屋根塗装を行う際は、
業者、職人さんはもちろん塗装面以外の部分や周囲へ塗料などが
飛び散って付着しないようにシートやマスキングテープなどで、
「養生」を行ってくれます。

 

外壁周辺の移動できるものは移動しておいた方がよい

庭に植栽がある場合や、盆栽、植木鉢、プランターがある場合、
車を停車していても依頼をする側は特に準備する必要はありませんが、
外壁から1メートルぐらいの位置に足場を組みますので、
外壁近くにモノがある場合は、寄せる必要があります。

 

職人さんが来てから、職人さんの指示で寄せてもよいのですが、
それだけで時間をとられてしまいますから、
盆栽や植木鉢など、移動が可能であれば
できればあらかじめ他の場所に
寄せておいた方がよいでしょう。

 

業者、職人さんがやりやすいということもありますし、
シートなどで覆って塗料の付着を防ぐ処置をしていても、
万が一ということもあります。

 

また、塗装の工期が2週間近くなると、
植物もシートに覆われたままの状態ですと、
日光を浴びることができず、ダメージを受けますし、
最悪の場合枯れてしまうということにもなります。

 

ですから、大切な盆栽、植木鉢はあらかじめ
寄せておくことをおすすめします。

 

また、車の場合も、工期中に出入りを頻繁にする場合、
その度にシートを取り付け、取り外しが必要となり、
作業を中断させてしまうことになりますので、
可能であえば工期中は他の駐車場などを利用するのが望ましいでしょう。

 

スポンサードリンク