塗装技能士とは?

スポンサードリンク

塗装技能士とは?

塗装工事を行うには資格や許認可は不要

塗装業や塗装工事をは、資格や許認可は不要で行うことができます。

 

ですので、腕のいい塗装職人でも、
つい最近塗装工事の仕事を始めた者でも、
資格や肩書きでは違いがないということになりますが、
一定の知識、技術を持っていることを証明するもののひとつに、
「塗装技能士」という国家資格があります。

 

 

塗装技能士とは

塗装技能士とは、都道府県職業能力開発協会が実施する
塗装に関する学科及び実技試験に合格した者をいいます。

 

塗装技能士には、1級、2級、3級があり、
1級技能者は上級技能者、2級は中級技能者、
3級は初級技能者が通常有すべき技能の程度とされています。

 

受験資格は、
1級:実務経験7年以上か、二級合格後2年の実務経験
2級:実務経験2年以上か、職業高校や専門学校などで所定の学科を卒業した者
3級:実務経験6ヶ月以上
となっています。

 

実務試験には、「木工塗装作業」、「建築塗装作業」、
「金属塗装作業」、「噴霧塗装作業」、「鋼橋塗装作業」に分かれ、
一級塗装技能士は、ベテランの職人でも、
合格するのは難しいと言われています。
一級塗装技能士は、合格率が50%前後となっていますが、
実務経験7年以上の方が受験しての50%ですので、
なかなかの狭き門となっています。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

ただ、試験内容はさまざまな技術を
まんべんなく行わなければなりませんので、
普段、実務で行わない作業を試験のために
練習したという職人さんも少なくないらしく、
実務で行っていない専門外の作業が原因で
試験に合格できない場合もあると思いますので、
そういった難しさもあるかと思います。

 

前述のとおり、塗装工事を行う際には、
特に資格や許認可は必要ありませんので、
「塗装技能士でなければできない業務」といったものはありませんが、
塗装技能士であれば、実務経験と技術、知識があることの証明になりますので、
塗装業者を選ぶ際のひとつの判断基準にしていただければと思います。

スポンサードリンク