外壁塗装の塗料の1液型と2液型とは?

スポンサードリンク

外壁塗装の塗料の1液型と2液型とは?

外壁塗装で使われる塗料には、水性と油性がありますが、
それぞれの塗料はさらに1液型と2液型に分かれます。

 

1液型と2液型

1液型塗料は主剤(塗料液)を
水性の場合は水、油性の場合はシンナーで希釈する(薄める)もので、
2液型塗料は主剤(塗料液)を硬化剤(樹脂)を希釈するもので、
混ぜ合わせたときに硬化反応を起こしてしっかり固まり、
強固な塗膜を作ります。

 

反応硬化形塗料、もしくは硬化反応型塗料とも呼ばれます。

 

水性塗料は、2液の水性塗料はあまり販売おらず、
ほとんどが1液で水で希釈するタイプですが、
油性の場合は、いずれのタイプも販売されています。

 

1液型は「素人向け」、2液型は「プロ向け」

1液型と2液型を簡単に分類すると、
1液型は「素人向け」、2液型は「プロ向け」です。

 

プロの業者に依頼する場合は、2液タイプがオススメですし、
ご自身で塗装を行う場合は、ホームセンターなどで
1液タイプを購入して行うのがオススメです。

 

おおまかな特徴としては、
1液タイプは扱いが簡単で安いですが、耐久力は2液タイプに劣ります。
余った場合は後日使用することができますので、
必要なぶんだけを使い残りを保存しておくことができます。

 

2液タイプは、適切な混合比率で行う必要があるので技術が必要となり、
しかも使えるのは混ぜてから3〜5時間程度ですので、
作り置きができません。
価格は1液型よりも高価ですが、耐久力は1液タイプに勝ります。
耐用年数は2液型の方が1液型よりも3年ほど長いと考えてよいでしょう。

 

1液型と2液型の塗装できる箇所の違い

1液型と2液型は塗装できる箇所に違いがあります。
2液型の方が1液型よりも塗装できる箇所が多いです。

 

両者ともにコンクリート、サイディングボード、セメントモルタル、各種旧塗膜に
塗装することができますが、
2液型はそれに加えて?ALCパネル、亜鉛メッキ鋼、
スレート板、GRC板、押出成形セメント板?鉄部、
アルミニウム、ステンレスなどの金属に塗装することができます。

 

つまり1液型は金属部に塗装することができませんので、
塗装をする箇所に金属部がある場合、その金属部のために
別途塗料が必要となります。
2液型の場合は金属部にも塗装することができますので、
塗装箇所に金属部が多く混在する場合であれば、
2液型の方がふさわしいといえるでしょう。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

1液型と2液型の価格差

1液型と2液型の価格差は1uあたり数百円程度の違いですが、
例えば1u200円あたりの差と考えるとさほど差を感じないかもしれませんが、
100uの塗装を行う場合であれば2回塗りをすると2倍となりますので、
200円×100u×2回で4万円の差となります。

 

ですので材料費で数万円の差となりますが、
性能差と3年の耐用年数の違いを考えるとプロに依頼する場合は
やはり2液型とするのでベターかもしれません。

 

屋根塗装と外壁塗装は同じタイミングで同じ塗料を使うのがオススメ

屋根塗装と外壁塗装は同じタイミングで同じ塗料を使うのがオススメです。

 

大きな理由としては、塗装を行う場合、
足場を組む必要があり、足場代という費用が発生することになりますが、
屋根塗装、外壁塗装を別々に行うと、
足場代もそれぞれ発生しますが、一緒に行ってしまえば、
同じ足場で行うことができますので、
足場代を節約することができるからです。

 

同じ塗料を使うのも次回の塗替えの際に、
同じタイミングで行うことができるという
メリットがあるわけですが、通常、外壁よりも屋根の方が直射日光や雨を受けやすく、
劣化が早く進みます。

 

ですので、外壁は1液塗料で、屋根は2液塗料と分けることで、
タイミングをあわせることができますし、
外壁を1液にすることで、費用を抑えることができます。

スポンサードリンク