弾性塗料の注意点、危険性

スポンサードリンク

弾性塗料の注意点、危険性

硬質塗料と弾性塗料と微弾性塗料

外壁塗装で使われる塗料に「弾性塗料」というものがあります。

 

弾力とは、力を加えると形が変化するもののことをいいますが、
弾性塗料は文字どおり、弾力のある塗料のことでで、
20度で伸び率が120%以上の塗料をいいます。

 

これに対して通常、用いられる塗料は、硬質塗料といい、
硬質塗料と、弾性塗料の中間に
位置するものを微弾性塗料と呼んでいます。

 

セメント(または生石灰)に砂を混ぜ練り上げたモルタルの壁は、
時間が経過し、劣化が進むとクラックと
呼ばれるヒビ割れが発生しますが、
外壁塗装に弾性塗料を使用すると、弾力があるので、
クラックが発生しにくいという特徴があります。

 

希釈率を守らなければ本来の性能は発揮できない

注意が必要なのは、
しっかりと規定された希釈率(水などで薄める割合)を守らなければ、
本来の性能を発揮できず、通常の塗料よりも
耐久性が著しく下がるということになってしまいます。

 

規定の希釈率を守らず、
規定よりも薄めて使う悪徳業者もまれにいますので、
ご注意ください。

 

弾性塗料には、単層弾性仕上げと、複層弾性仕上げの二種類があり、
単層弾性仕上げは下塗り1回、上塗り2回を厚く塗る工法で、
複層弾性仕上げは下塗り1回、中塗り2回、上塗り2回を行う工法です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

単層弾性仕上げと複層弾性仕上げのメリット、デメリット

単層弾性仕上げは作業工程が少ないのでそのぶん、
工事代金は安くなりますが、
耐久性は複層弾性仕上げには劣ります。

 

逆に複層弾性仕上げは作業工程が多いので、
工事費用は高くなりますが、
高い耐久性を期待することができます。

 

サイディング外壁の場合、弾性塗料は避けた方がよい

サイディング外壁の場合、
弾性塗料を使用することはオススメできません。

 

サイディングボードは断熱材を使用しているため、
夏場は非常に高温となります。

 

弾性塗料がそのような高温化にさらされると、塗膜が膨れ上がり、
外観を損ねるだけでなく、サイディングボードの破損にもつながります。

 

ですので、優良な業者であれば、
サイディングに弾性塗料を薦めてくることはないと考えられますので、
もし、サイディングに弾性塗料を薦めてくる業者であれば、
疑ってかかった方がよいかもしれません。

スポンサードリンク