外壁塗装の塗料の人体への影響、アレルギー

スポンサードリンク

外壁塗装の塗料の人体への影響、アレルギー

外壁塗装に使用する塗料は様々な種類がありますが、
現在ホームセンターなどで市販されているものや、
塗装業者が使う塗料は、触ったり、口に入れたりしない限りは、
人体に害の無いものが大半です。

 

人体に有害でもなく、臭いが苦手な方も多い

人体で有害でなくても、塗料の臭いが苦手な方も多く、
油性塗料を使用する場合、外壁塗装の作業中に、
室内に塗料の臭いが充満し、
それを不快に感じる方も少なくありません。

 

物質としては害がないはずでも、臭いに嫌悪感をもち、
不快に感じる場合は、
それによってアレルギーのような症状が出る場合もありますので、
塗料の臭いが苦手な方は、
水性の塗料を選んだ方がよいかもしれません。

 

これまでは、油性塗料の方が水性塗料よりも耐久性が高いものが多いのが
一般的でしたが、近年は油性塗料にひけをとらない耐久性をもつ
水性塗料も増えてきています。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

VOC(揮発性有機化合物)の少ない低VOC塗料

近年はシックハウス症候群や化学物質過敏症や、
光化学スモッグの原因となるVOC(揮発性有機化合物)の少ない
低VOC塗料も多くなっていますので、
人体に有害なものや、環境へ配慮する方は、
低VOC塗料を選ぶとよいでしょう。

 

なお、現在はシックハウス症候群の原因となる
ホルムアルデヒドが含まれる塗料は
使用が制限されるようになっています。

 

水性塗料の場合は臭いは抑えられていますが、
VOCが含まれるものが多くありますので、水性塗料の中でも
低VOC塗料を選ぶとよいでしょう。

 

特に、室内や木部の塗装については、VOCを全く含まない
「オスモ」や「プラネットカラー」などの自然塗料を使うのがよいでしょう。

 

ということで、外壁塗装の塗料を選ぶ際は、耐久性など性能面も重要ですが、
臭いや、人体への影響などを配慮して、
気になるようでしたら、低VOC塗料や水性の塗料を選ぶとよいでしょう。

スポンサードリンク