外壁塗装の塗り方、刷毛・ローラー・スプレーの特徴

スポンサードリンク

外壁塗装の塗り方、刷毛・ローラー・スプレー

外壁塗装で、塗料の塗り方(工法)は、
刷毛、ローラー、スプレーの3つの種類があります。
今回はこれらの道具の特徴、作業についてや、
仕上がりについて説明をします。

 

塗料の塗り方(工法)

刷毛(はけ)

刷毛は塗装の道具としてローラーやスプレーの中で歴史が長く、
ローラー、スプレーよりも職人の洗練された技術が必要で
作業に時間がかかりますが、
箇所や形状に限定されず、さまざまなところを丁寧に
仕上げることができます。

 

現在では、外壁全体を刷毛で塗るということはあまりありませんが、
ローラーやスプレーでの塗装と合わせて、細かい箇所は刷毛で
仕上げるという使い方をする場合も多くあります。

 

刷毛は、馬、豚、羊、ヤギなど動物の毛で作られているものや、
植物の繊維、ナイロン繊維で作られているものなどさまざまな種類があり、
用途によって使い分けられます。
動物の毛の場合、アルカリ成分に弱いので、作業後はよく洗浄して
丁寧な扱いが必要です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

ローラー塗り

外壁塗装で現在、最も一般的なのがローラー塗りです。
ローラーは、耐水性のある硬い紙や、合成樹脂の円筒に
羊などの動物の毛や合成繊維を巻きつけたもので、
太さと毛足の長さなどの違いで様々な種類があり、
用途によって使い分けられます。

 

ローラーは、刷毛よりも簡単に早く塗ることができ、職人の腕の差がでにくくなっています。
作業時間も刷毛で塗った場合と同じ面積を半分ほどの時間で行うことができます。

 

スプレー塗装

スプレー塗装は、塗料を霧状にして噴出して塗装を行うものです。
空気で噴出させるエアースプレーと、圧力で噴出させるエアレススプレーがありますが、
主流はエアレススプレーです。

 

スプレー塗装は一度に広い範囲に?高粘度の塗料を吹付ける事が出来ますが、
ムラができやすく、大きな音を継続的に出すことになってしまうというデメリットがあることや、
塗料が周りに飛び散る可能性が高いため、
一般的な住宅の外壁塗装ではあまり行われません。

 

スプレー塗装を行う場合は飛散防止の養生や、
近隣住民へのあいさつをしておくなどの配慮が必要となります。

スポンサードリンク