外壁塗装の下塗塗装の下塗り材の役割、特徴

スポンサードリンク

外壁塗装の下塗塗装の下塗り材の役割、特徴

外壁塗装の工程は、塗装を行う前に、
外壁を洗浄し、表面のカビ、汚れ、塗膜の剥がれ、
チョーキング現象の除去などを行い、
塗料を下塗り、中塗り、上塗りと三度塗りを行うという流れになります。

 

今回は、下塗りについて説明します。
外壁塗装は、塗料を三度塗りすることで、塗料の性能を発揮し、
耐久性を高めることができます。

 

三度塗りの二度目と三度目の中塗りと上塗りで使われる上塗材は、
希望の塗料を選ぶことになりますが、
下塗材は塗装業者がその建物にあったものを使うのが一般的です。

 

上塗材

上塗材には、低汚染性、防カビ性など耐久性を高める性能がありますが、
外壁に直接塗装すると、密着性が低く
すぐに剥がれ落ちてしまうことになってしまいます。

 

下塗りは、この上塗材と外壁との密着性を高める効果があります。

 

下塗材

下塗材はいくつか種類がありますが、
モルタル壁では、フィラーや微弾性フィラーを使うのが一般的で、
ヒビ(クラック)などを埋める役目も果たします。
(大きなヒビはシーリングやモルタルで修復をします。)
下塗り材にはこのような修復の役割もあります。

 

三度塗りを省略する悪徳業者に注意

このように外壁塗装は、下塗り、中塗り、上塗りと
三度塗りを行うのが基本ですが、
悪徳業者はこの工程を省略する場合があります。

 

塗装直後の見た目ではわかりにくいですが、
耐久性が著しく劣るため、すぐに塗装が剥げて、
外壁の劣化につながります。

 

外壁塗装は、最終的に目に見える塗料を塗るだけでなく、
重要な工程がいくつもあり、ひとつひとつ丁寧に行っていくことで、
塗料の本来の性能を発揮し、耐久性が発揮されます。

 

ですから、塗装業者を探す際は腕のたしかな
信頼できる業者を選ぶことにしましょう。

 

 

スポンサードリンク