外壁のツヤが無くなったり、変色、色あせした場合の対応

スポンサードリンク

外壁のツヤが無くなったり、変色、色あせした場合の対応

外壁の塗替えのタイミングがイマイチわかりにくいと思っている方も
多いと思いますので、今回は、外壁の劣化の程度と
塗替えが必要と考えられる状態について説明します。

 

外壁の劣化症状

最初の段階の外壁の劣化症状は、
塗膜のツヤが無くなってくるというものです。

 

塗料の種類や性能にもよりますが、
多くの塗料は、塗装から10年経てば、
ツヤはだいぶ落ちてくるのが一般的です。

 

ツヤはありすぎても安っぽく見えたりもしますので、
塗料にはあらかじめツヤのないものや、
7分ツヤ、5分ツヤというようにあらかじめツヤを抑えたものもあり、
ツヤの有無は好みとも言える点ですが、
ツヤが落ちてきいた外壁は、くすんだ色にも見えますので、
外観を気にする方であればこの段階で、
塗り直しを決断する方もいらっしゃいます。

 

なお、ツヤが落ちてきたというだけでは、
性能的な劣化は考慮する必要がないので、
性能面で塗り直しが必要というほどではありません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

コケや藻が発生し緑色に変色した場合

ツヤが無くなっただけではなく、コケや藻が発生し緑色に変色したり、
黒ばんできた場合、色あせしてきた場合は
外壁が劣化してきている可能性がありますので、
塗り直しを検討した方がよいかもしれません。

 

また、サイディングボードに反りやヒビが見られる場合や、
塗膜の剥がれや膨らみが見える場合も、
壁材を傷ませる原因となりますので、
塗り直しを行った方がよいでしょう。

 

塗装の塗り直しの工事はメンテナンス効果もある

塗装の塗り直しの工事は、ただ単に塗料を塗るのではなく、
古い塗膜を剥がし、ヒビなどを補修し、
高圧洗浄を行って外壁を綺麗な状態にしてから、
新しい塗料を塗るという工程となりますので、
外壁のメンテナンス効果もあります。

 

変色、色あせ、ヒビ割れなど、外壁の劣化が感じられる場合

外壁のツヤが落ちてきた程度であれば、
まだ慌てて塗り直しを行うべきというほどではありませんが、
変色、色あせ、ヒビ割れなど、外壁の劣化が感じられる場合は、
早めに塗装業者に相談した方がよいでしょう。

 

なお、飛び込み営業などで「このままでは大変なことになりますよ」
などと不安を煽って、契約を迫る業者などもいますが、
このような業者は悪徳業者の可能性が高く、
手抜き工事や不当な工事費用を請求されてしまうこともありますので、
業者選びはじゅうぶんに注意して行ってください。

 

 

スポンサードリンク