外壁塗装の下地調整・下地補修を行う意味、重要性について

スポンサードリンク

外壁塗装の下地調整・下地補修を行う意味、重要性について

外壁塗装工事は、「塗料を塗る」という工程だけのイメージが強いかもしれませんが、
塗料を塗る前に行うべき工程がいくつかあります。

 

外壁周辺に足場を組んで、外壁を高圧洗浄で汚れを落とし、
ヒビや腐食に対して下地処理を行い、
下地調整を行い、周辺に塗料の飛散しないように養生を行ってから、
塗料を塗るという流れになりますが、
今回はその中で、「下地調整」という工程について説明をします。

 

下地調整

下地調整は、外壁のほこりや汚れを取り除き、
ヒビ割れ、膨れ、剥がれなど古い塗装の処理や、
サビ止めの塗布など傷となっている部分を補修、
鉄部などを研磨する「ケレン」という作業、
サイディングボードなどの目地部分の補修などを行う工程です。

 

モルタル壁の下地調整

モルタル壁の場合は、クラックというヒビ割れが発生することが多いので、
シーリングやモルタルで補修を行っておく必要があるのです。

 

クラックをそのままの状態で塗装を行うと、
ヒビ割れの部分に塗料が入り込むので、
塗装直後の見た目ではわからなくなりますが、
時間の経過ですぐに塗料が剥げてきて、
元のヒビが現れてくることになります。

 

このような美観を損ねてしまうということもありますし、
クラックを放置すると、建物の耐久性のも影響しますので、
塗装を行う前に処理を行っておく必要があります。

 

つまり、下地調整とは、
塗料を塗る前に、下地のコンディションを整える作業ということですが、
塗装工事が完了した直後の見た目では、
やったかやっていないかわかりにくい工程ですが、
この工程をしっかりやったかどうかで、
塗装の耐久性に大きく影響する非常に重要な工程です。

 

腕のいい職人さんほど、このようなわかりにくい地味な作業も
しっかり丁寧に行ってくれますが、まれにわかりにくい作業を省略する
悪徳業者もいますので、注意しましょう。

スポンサードリンク