外構工事の見積書の「諸経費」について

スポンサードリンク

外構工事の見積書の「諸経費」について

外構工事の見積書に「諸経費」という項目があり、
この経費がなんなのか疑問をお持ちの方も少なくないと思いますが、
この費用には、施工会社の営業マンや事務員の人件費、
モデルルームの運営費用や、機械の維持管理費、
広告宣伝費など会社経費、保障やアフターフォローの経費などが含まれるのが一般的です。
工事費用の10%程度となっているのが一般的ですが、
広告を多く出している会社などは20%近くになっている場合もあります。

 

とはいえ、諸経費の大小で、単純に判断することはできず、
諸経費が多額になることを避けるために、
他の経費の単価を少しずつ上げてならしているという場合もありますし、
逆にフェンスや門扉などのエクステリア製品や材料費を他社よりも
安く見せるために、そのぶんを諸経費にまわして諸経費が高くなっているということもあります。

 

要するに「諸経費」とは

要するに「諸経費」とは、一言で言ってしまうと、
外構工事会社が利益を残すための帳尻合わせの費用
ということになりますが、先述の通り、諸経費の割合が少なかったり、
金額が少ない場合でも、他の費用の全部あるいは一部の単価が
高かったりする場合もありますので、複数社に見積もりをとって比較検討する場合は、
ひとつの項目だけをとって比較するのではなく、すべての費用を合わせた総額を見た上で、
各項目の費用を比較するというように総合的に比較検討をしていただければと思います。

 

 

スポンサードリンク