マンション、アパート経営のメリット

スポンサードリンク

マンション、アパート経営、マンションオーナー、アパートオーナーになるメリットについて

今回は、不動産投資の中でも代表的な、
マンション、アパート経営のメリットについて説明していきます。

 

マンション・アパート経営は、不動産を購入し、
その不動産を賃貸し、賃料収入を得るというものですが、
ローンを組んで不動産を購入する場合が一般的ですが、
その場合、月々の賃料収入からローンの支払い、諸経費を差し引いたものが
収入となり、ローンを完済すれば、賃料収入から諸経費を差し引いたものが
収入となるというものです。
利回りは5%前後が期待でき、節税効果も期待できます。
株や債券の投資よりは利回りは少なめですが、
株や債券ほどに価値の暴落のリスクは少なく、
実物資産が残りますので、将来、家族の住宅やセカンドハウスとして使用することも可能
というメリットがあります。

 

税金面でのメリット

現金で所有している場合よりも、
不動産で所有していた方が相続税、贈与税の評価額が低く算定されますので、
節税対策としても有効です。
(土地は公示地価の80%程度、建物は建築費用の50〜60%程度の
評価となります。賃貸することで更に評価額から30%控除されます。)

 

相続面でのメリット

不動産を購入する際は団体生命保険に加入しますので、
ローンを完済しないうちに亡くなった場合は、
債務が消滅し、不動産は相続人が相続できますので、
実質的に生命保険、遺族年金のかわりになります。

 

このようにマンション・アパート経営にはメリットはたくさんありますが
もちろん、デメリット、リスクもあります。
それらについてもよく吟味した上で、
マンション、アパート経営を検討してみてください。

スポンサードリンク