マンション、アパート経営のデメリットについて

スポンサードリンク

マンション、アパート経営、マンションオーナー、アパートオーナーになるデメリット、リスクについて

マンション・アパート経営は、不動産を購入し、
その不動産を賃貸し、賃料収入を得るというもので、
継続的、安定的に収入を得ることのできるメリットの多い
投資方法ですが、リスク、デメリットもあります。
メリット、デメリットを吟味して投資を行うために、
今回はデメリット、リスクを説明します。

 

マンション・アパート経営は、継続的に賃料収入を得ることのできるものですが、
まず、一番大きなリスクは空室リスクです。

 

継続的な収入は、入居者がいて、賃料を払ってくれることで得られるものですので、
空室ですと、賃料収入が途絶えます。

 

ローンを組んで不動産を購入した場合は、
ローンの支払い、管理費などの諸経費が出ていく一方となってしまいます。

 

運営管理を不動産業者に委託することもでき、
空室リスクを保証したものもありますが、当然、実入りは少なくなります。

 

マンション・アパート経営のデメリット、リスク

入居者需要が少ないということは、
その不動産の賃貸物件としての価値が小さいということですので、
不動産価格の下落につながります。

 

ですから、入居者が少なく、賃料収入が得られなければ、
売却しようとする際の価格も下がるということつながりますので、
物件選び、立地の吟味は慎重に行わなければなりません。

 

また、建物は老朽化しますし、地震などの自然災害によるダメージもあります。

 

保険に加入するのはもちろんですが、
このようなリスクも想定しておかなければなりません。

 

ローンで不動産を購入した場合

ローンで不動産を購入した場合は、
金利の上昇により、賃料収入に対して返済額が増え、
資金計画が狂うというリスクもあります。
経済動向や金利の変化に目を光らせ、
不動産ローンの借り換えも視野に入れつつ、
経営をしていく必要があります。

 

ということで、今回はマンション、アパート経営について説明しました。

 

ネガティブな話になってしまいましたが、リスクのない投資はありません。

 

しっかりと事前に想定しておくかどうかで、
もしもの時の対処法やダメージを少なくすることができ、
落ち着いて対応することができますので、
今回ご紹介したデメリット、リスクを意識しつつ、
マンション、アパート経営を検討していただければと思います。

スポンサードリンク