ワンルーム(区分)マンション投資のメリット、デメリット

スポンサードリンク

ワンルーム(区分)マンション投資のメリット、デメリット

不動産投資のマンション・アパート経営という投資方法は、
1棟マンション投資とワンルーム(区分)マンション投資という方法に
わけられますが、今回はワンルーム(区分)マンション投資の
メリット、デメリット、特徴について説明します。

 

区分マンション投資のメリット

区分マンション投資のメリットは、
一棟マンションでは不動産の購入に数千万円から億単位の
お金が必要ですが、区分マンションは少ない投資金額(安ければ1000万円以下)で
始められるので始めやすさという点があります。

 

また、区分マンションは、表面利回りは新築で5%前後、中古は8?9%が
期待できる数字となっており、1棟マンションの場合、コストが高いぶん
中古でも5%前後の利回りですので、一般的に区分マンションの方が
1棟マンションよりも利回りが高い場合が多いです。

 

一棟マンション経営

一棟マンション経営の場合は、入居者の管理とともに、
建物の修繕や、定期的に設備の点検などコストや手間がかかりますが、
ワンルームマンションは、管理会社に管理費・修繕積立金を支払うのみで、
それらの手間がかかりません。

 

区分マンションのデメリット、リスク

区分マンションのデメリット、リスクはやはり空室リスクです。
1棟マンションの場合は、複数の部屋でリスクをヘッジすることができますが、
入居者がいないと賃料収入はゼロとなってしまいます。

 

1棟マンションの場合は建物が老朽化し、建物の価値が
なくなった場合でも、土地が資産として残りますが、
ワンルームマンションの場合、1室ぶんわずかな土地だけが
一応残りますが、ほぼ残らないのと同じ程度です。

 

ですから、ワンルームマンションの場合、ある程度賃料収入を得て、
まだ物件価値があるうちに売却して売却益を得ることを想定した方が賢明かもしれません。

スポンサードリンク