新築ワンルーム(区分)マンション投資のメリット、デメリット

スポンサードリンク

新築ワンルーム(区分)マンション投資のメリット、デメリット

ワンルームマンション投資を考える際に、
対象物件は新築のものにすべきか、中古のものにすべきか
という選択をすることになりますが、
今回は新築ワンルームマンション投資のメリット、デメリットについて
説明します。

 

新築マンションのメリット

新築マンションのメリットについてですが、マンションは「新築」ということでブランドがありますので、
近隣の中古マンションと比較しても高い賃料でも
入居者希望者を得ることができるため、
中古マンションよりも継続的に高収入を期待することができます。
また、銀行から融資を受ける際も、新築マンションは高く評価されますので、
融資の審査も有利です。
最近では頭金ゼロの融資も期待できますから、
自己資金が少ない場合も投資を開始することができます。
新築マンションを購入する際は、不動産仲介業者ではなく、
デベロッパー(開発業者)から直接購入することになりますので、
中古マンションを購入する際に発生する不動産仲介業者に支払う
仲介手数料(購入価格の3%)を支払う必要がなく、
物件を手にいれることができます。

 

新築マンションのデメリット

新築マンションのデメリットについてですが、
高い収益性が期待できる新築マンションですので、
当然購入する際の価格が中古よりも高いです。
現在首都圏の新築ワンルームマンションの相場は、
2,000万円?2,500万円ほどになっています。
中古マンションよりも高めの家賃収入が期待できますが
初期投資額が高くなるため、利回りの数字も悪くなります。
都内の新築ワンルームマンションの表面利回りの目安は4?5%ぐらいです。
「新築マンション」というブランドも、最初の入居者だけで、
次からは「中古」となりますので、家賃の下落リスクもあります。

スポンサードリンク