不動産売買する際の仲介業者の選び方

スポンサードリンク

不動産売買する際の仲介業者の選び方

不動産の購入を考える場合、不動産の売却を考える場合、
不動産仲介業者に仲介をしてもらい、
取引をしてもらうことが通常です。

 

ですから、不動産取引を考える場合、
まずは優良な仲介業者を選ぶことが重要ですが、
今回は、仲介業者にどのような事を任せられるのか、
そして優良な不動産仲介業者の選び方のポイントについて説明します。

 

売主・貸主の場合

所有している不動産を売りたい場合、賃貸して貸し出したい場合の
不動産仲介業者の業務は、
物件の査定をし、売買価格や賃貸料金の見積もりを出し、
販売、賃貸のプランの立案をし、買い手、借り手を募集するために、
ウェブサイトや広告での宣伝活動をして、
希望者が見つかれば、希望者に対し物件の現地案内や
物件情報の説明などを行い、所有者と希望者双方に契約の意思があれば、
契約書の作成、決済の対応など、
契約の締結、その後のアフターケアまで対応してくれます。

 

不動産の所有者としては、物件売買に関するほぼ全てのことを
仲介業者に任せることができ、また、相談、アドバイスもすることができます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

買主・借主の場合

不動産を買いたい場合、借りたい場合の不動産仲介業者の業務は、
先ほどの売主・貸主の場合と重なりますが、
希望の条件の物件探し、現地案内、売主や貸主との交渉、
契約書などの書類作成、決済などの対応を任せることができます。

 

このように、不動産取引をしようとする場合、
仲介業者に任せることで、物件探し、相手方探し、契約締結に至るまで、
ほぼすべてを任せることができますし、
契約後のトラブル対応も行ってくれますので、
仲介業者を介した方が契約当事者双方にとって安心です。

 

不動産業者選びのポイント

不動産業者選びのポイントですが、
まずはネットで気になる業者を何社かピックアップし、
実際に話を聞いてみて、あなたとウマが合う、波長が合う、
やりとりをしていてストレスを感じないパートナーを選ぶべきでしょう。

 

説明がわかりにくかったり、質問をしても要領を得ない答えが返ってきて
ストレスがたまる場合などはやめておいた方がいいかもしれません。

 

最初にネットで、数社をピックアップといいましたが、
この時の選ぶ基準ですが、まず、大きな有名なところが
総じて無難だとは思いますが、
資本金が大きさ、従業員数の数、不動産の仲介件数
など数字を見て大きければ大きいほど、
信頼できるという基準で考えてみてもよいかと思います。

スポンサードリンク