リロケーションのメリット・デメリット

スポンサードリンク

リロケーションのメリット・デメリット

リロケーションとは、移転または配置転換の意味の英語の「relocation」
からきた言葉で、一定期間、住宅を留守にする際に、
その住宅を期間を定めた定期借家契約で賃貸して、
賃料を得るというように活用するものです。

 

借り手側のリロケーション物件のメリット

物件も築年数が浅い物件や、充実した設備の物件を
近隣相場よりも安い賃料で借りることができるということがあげられます。

 

借り手のリロケーション物件を借りるデメリットは、
契約期間が2年などと定められ、原則として契約時の期間満了後、
更新ができず、また原則、中途解約もできないので
契約期間のしばりがある点です。

 

短い期間での引っ越し費用を考えると、
家賃の割安ぶんが消えてしまうということも考えられます。

 

あらかじめ、借り手も短い期間での賃貸を想定している場合は、
通常の賃貸物件よりも割安となりますが、
長期間の賃貸を希望している場合は、
通常の賃貸物件を探した方が無難かもしれません。

 

物件オーナーから見たリロケーション物件のメリット、デメリット

物件オーナーから見たリロケーション物件のメリット、デメリットは、
2年、3年という期間、留守にする場合、賃料収入を得ることで住宅を有効活用でき、
またリロケーション会社に維持管理を任せることで、留守中も安心という点がメリットですが、
通常の賃貸物件とするよりも賃料収入は少ないものとなります。

スポンサードリンク