リロケーション会社の手数料の相場

スポンサードリンク

リロケーション会社の手数料の相場

リロケーションとは、移転または配置転換の意味の英語の「relocation」
からきた言葉で、一定期間、住宅を留守にする際に、
その住宅を期間を定めた定期借家契約で賃貸して、
賃料を得るというように活用するものです。

 

リロケーションサービス会社に依頼し、
手数料として費用が発生するわけですが、
多くのリロケーション会社は必要な費用を公開していません。

 

もちろん、リローケーション会社によって、
費用は異なりますが、あまり大きな差はないと思います。
だいたいいくらぐらいとなるかの目安をご紹介します。

 

リロケーション会社の手数料

最初にリロケーション会社と契約をする際に
管理委託申込料として1万円前後がかかる場合が多いようです。

 

(無料とするリロケーション会社もあります。)
その他、契約時事務手数料と 保証料として、
賃料の2か月ぶん程度が、発生します。

 

その後、毎月の賃料収入の5%〜15%程度が
手数料として支払うことが多いようです。

 

契約の形態によっても異なりますが、
入居者がいない場合の空室リスクをリロケーション会社が保証するものであれば、
月々の手数料も増えます。

 

契約を更新する際は一年ごとに、
更新料として賃料の半月分が発生します。

 

最近では、リロケーション費用も低価格化しているようですので、
これらの相場よりも安い費用で行うことができる場合もあります。

 

リロケーションを行う際は、今回の相場を参考にしつつ、
複数のリロケーション会社から見積もりを出してもらい
サービス内容を吟味して決定するとよいでしょう。

スポンサードリンク