リロケーションで住宅を運用する際の注意点

スポンサードリンク

リロケーションで住宅を運用する際の注意点

リロケーションとは

リロケーションとは、移転または配置転換の意味の英語の「relocation」
からきた言葉で、一定期間、住宅を留守にする際に、
その住宅を期間を定めた定期借家契約で賃貸して、
賃料を得るというように活用するものです。

 

リロケーションを行う際はリロケーション会社に依頼することが一般的ですが、
建物所有者とリロケーション会社との契約方法は次のようなものがあります。

 

・リロケーション会社が建物所有者の代理人として、入居者と賃貸借契約を締結する形式
・建物所有者がリロケーション会社に賃借して、入居者に転貸借契約を締結する形式
・リロケーション会社が、建物所有者と入居者の仲介をして賃貸借契約を締結する形式

 

リロケーションで住宅を貸すときの注意点

リロケーションで住宅を貸すときの注意点ですが、
留守期間を想定して定期借家契約を締結することになりますので、
契約締結後に事情が変わり、その期間よりも短いうちに
自身で住みたいとしても難しいことになります。

 

また、期間限定の賃貸契約となりますので、賃借人としては不都合が多いので、
家賃相場は近隣の同じような条件の賃貸物件よりも安くなります。

 

リロケーション会社との契約で、空室時についてなどの扱いが異なります。

 

空室期間も一定の家賃を保証する契約ですと、あらかじめ家賃収入は
少なくなるなど契約の種類により一長一短のメリット、デメリットがありますので、
契約時にリロケーション会社による管理業務の範囲、
賃貸借契約の内容やリスク、所有者としての義務などを
しっかりと把握し、納得の上で契約するようにしましょう。

 

なお、ご自身の居住用でない物件になりますと、
住宅ローン控除など税制上の優遇が受けられなり、
住宅ローンの適用金利が引き上げられる場合もありますので、
金融機関にもリロケーションする際の扱いについて確認しておきましょう。

スポンサードリンク