アパート、マンションのリフォーム業者の選び方

スポンサードリンク

リフォーム業者の選び方

賃料収入で収益を上げる不動産投資、賃貸経営を行う際は、
入居者が賃料を支払ってくれることで成立しますので、
入居者を継続的に得るには、
入居需要の高い立地で、魅力的な設備の物件であることが必要です。
今回は建物のリフォームを依頼する際の業者の選び方の
ポイントについて説明します。

 

リフォームを依頼するには、リフォームを専門で行っている業者や
大工、外装改修業者、建設会社、畳業者、設備工事会社
工務店、外構工事会社など様々な選択肢があります。

 

間取りや設備を全体的に新しく、デザインも含めて魅力的にしたい場合は、
総合的に扱うことのできる業者に依頼すべきですが、
リフォームをする箇所がピンポイントな限定的なものであれば、
できるだけその専門業者に依頼することで、
安価で高品質なリフォームをすることができます。

 

不動産管理会社が業者を推薦する場合が多いと思いますが、
それも参考にしつつ、不動産オーナーご自身でも業者を探す姿勢が必要です。

 

不動産管理会社推薦の業者がよくないということではありませんが、
中間マージン等が発生し、リフォーム費用が割高になることもあります。

 

複数社から見積もりして比較する

どこをどうリフォームするかによって、ふさわしい業者は異なりますが、
いずれの場合でも、複数の業者(最低でも3社)に見積もりの依頼をするようにしましょう。

 

それにより、相場の感覚がつかめますし、
「他社はこのぐらいの見積もりを出しているが…」
というふうに価格交渉の材料にもなります。

 

実績などを踏まえて最終的に依頼する業者判断すべきですが、
実績や提案が魅力的な業者に対しても、
他の安い見積もり業者の見積もりがあることで
価格を抑えることができたりすることもあるのです。

スポンサードリンク