家賃保証のトラブル、問題点、リスク

スポンサードリンク

家賃保証のトラブル、問題点、リスク

不動産を購入し、賃貸して賃料収入を得る不動産投資の場合、
入居者が家賃を支払ってくれることで成立するものです。

 

空室状態ですと、住宅ローンや諸経費の支払いで
出ていく一方となってしまいますので、
空室リスクは最も大きく、重要な問題です。

 

空室リスクを保証する会社

不動産会社に物件を委託することで、この空室リスクを保証するというものもあります。

 

つまり、入居者が埋まらない場合でも、物件所有者には収入が保証されるというものです。

 

建物所有者としては空室リスクを心配する必要がなくなりますので、
魅力的ですが、リスクや注意点も伴いますので、これから説明します。

 

家賃保証の保証料

入居者がいてもいなくても一定の賃料を保証する家賃保証をする場合は、
保証料として、管理会社に10〜20%程度の手数料が発生します。

 

ですから、いざというときは安心ですが、
入居者が絶え間なくいる場合、家賃収入が少なくなってしまうのがデメリットです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

業者によっては、そもそも家賃設定がj周辺の相場よりも低く設定している場合もあり、
空室リスクがあらかじめ低くなっており、
さらに保証料として10〜20%程度もっていかれるので
家賃収入はさらに少なくなってしまうということもあります。

 

また、工事費など別の名目が割高となり、
空室リスクの補填ぶんを他で儲けるというやり方の業者もあるようです。

 

そして、これは家賃保証だけのリスクではありませんが、
保証会社、運営会社自体が倒産してしまうということもあります。

 

要するに契約を守りたくても、守れないような事態となってしまうこともありえます。

 

ですから、管理会社を決める際は、単に家賃保証をしているからというだけでなく、
その会社そのものが大丈夫かどうかもしっかり吟味しましょう。

 

一概には言えませんが、資本金、従業員数、知名度など
ある程度規模の大きい会社の方がよいかもしれません。

 

いずれにしても、不動産経営を成功させるには、
業者選びが非常に重要ということになります。
複数社の資料を集め実際に見積もりをふまえた話を聞いて、
しっかり吟味して決めましょう。

スポンサードリンク