シェアハウス経営のメリット

スポンサードリンク

シェアハウス経営のメリット

シェアハウスとは、複数の入居者が
リビング、キッチン、風呂、トイレなどの設備は共有で、
それぞれが個室を持って生活する共同住宅のことを言います。
フジテレビのテレビ番組テラスハウスをイメージしていただければ
わかりやすいかと思います。

 

テラスハウスの影響か、
最近はシェアハウスの人気はさらに高まり希望者も多くいます。
シェアハウスの入居者希望者の
7割以上が女性で、20代前半から30代前半が特に多いようです。

 

テラスハウスでは男女での共同生活でしたが、
実際のテラスハウスは女性限定などで運営されているものが多く、
女性の希望としても女性限定のものが人気があるようです。

 

シェアハウス経営のメリット

シェアハウス経営のメリットとしては、複数の入居者から家賃収入が得られ、
高い収益性を期待できる点で、高い費用対効果が得られる点です。

 

退去者が出ても、他の入居者からの賃料収入があり、
入退去の原状回復等が通常のアパート、マンションよりも
スムーズにすみますので、空室リスクを減らし、また分散することができます。

 

また、空室になった部屋をオーナーがつかうということもできますので、
オーナーがセカンドハウスや一時的な宿泊場所としてつかうこともできるため、
柔軟な使い方ができるのも魅力のひとつです。

スポンサードリンク