シェアハウス経営のデメリット、リスク

スポンサードリンク

シェアハウス経営のデメリット、リスク

シェアハウスとは、複数の入居者が
リビング、キッチン、風呂、トイレなどの設備は共有で、
それぞれが個室を持って生活する共同住宅のことを言います。

 

近年、20代前半から30代前半の女性に特に人気の賃貸のスタイルで、
賃貸経営としてもメリットはたくさんありますが、
今回はデメリット、リスクについて説明します。

 

シェアハウス経営のデメリット、リスク

シェアハウス経営は、通常の賃貸管理よりもノウハウが必要となり、
オーナーの管理が大変であるというデメリットがあります。

 

家具や家電など設置をオーナーが行い、
修理やメンテナンスも行う必要がありますので、
設置費用、維持管理のコストもかかり、
複数人が同居しますので入居者どうしのトラブルの調整なども含め、
維持管理は通常の賃貸物件よりも大変です。

 

トラブルにより、退去、空室状態ということにつながり
賃料収入の減少につながりますので、
あらかじめルールを定め、ルールを守れない場合などの措置も含め、
明示しておくことで、トラブルを未然に防ぎ、また、
入居者希望者が入居しやすい環境を作ることが重要です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

例えば、冷蔵庫などの設備の使用の使い分けや
後片付け、扱い方、光熱費の無駄遣いを
防ぐための取り決め、
入居者の友人の来訪、宿泊のルール、
掃除、ゴミ捨てのルール(オーナーがするのか入居者の当番制にするのか)
夜間の騒音について、
喫煙可とするか、禁煙とするか、喫煙OKスペースを設けるか
など、トラブルとなりそうな点についてルールをあらかじめ決めておくべきでしょう。

 

シェアハウスの運営管理を不動産会社に委託した場合

シェアハウスの運営管理を不動産会社に委託した場合も、
通常の賃貸物件よりも委託料は高くなります。

 

委託料の相場は通常の賃貸物件が家賃の5%前後のところ、
シェアハウスの場合、4倍の20%あたりが相場となります。

 

シェアハウスにはこのようなデメリット、リスクがありますので、
事前に対策を打ち、リスクを想定した上で経営を開始するようにしましょう。

スポンサードリンク