フィルパークの駐車場経営の特徴、評判

スポンサードリンク

フィルパークの駐車場経営の特徴、評判

フィルパークは、株式会社フィル・カンパニーが行う
駐車場と建物の運営管理サービスです。

 

株式会社フィル・カンパニー
設立 2005年6月3日
本社
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-10-4 フィル・パーク永田町
TEL : 03-5275-1701 FAX : 03-5275-1702

 

資格等
宅地建物取引業 東京都知事免許(2)第87090号
一級建築士事務所 東京都知事登録第55919号
建設業 東京都知事 許可(般-25)第131403号
エコアクション21認証・登録番号 0005311
東京都地域中小企業応援ファンド事業22東中企助480号

 

株式会社フィル・カンパニー公式サイト
http://philpark.jp/

 

フィルパークの特徴

フィルパークの特徴としては、
すでに土地活用として駐車場経営を行っている土地の上に
建物(商業施設)を建てて、
空中店舗(立地や周辺状況に応じて、
飲食店や美容院など)をつくり、その建物をテナントに賃貸することで、
駐車場収入とテナント賃料の収入を得ることができるという
システムになっています。

 

通常、土地活用としての駐車場経営は、
土地を駐車場として駐車場収入を得るという場合が主ですが、
フィルパークの場合は、駐車場としての収入だけでなく、
建物の賃貸収入も合わせて得ることができますので、
需要とマッチすれば高い収益を得ることができます。
フィル・パークの企画、設計する建物はデザイン性に優れているだけでなく、
耐震・耐火・耐荷重などの安全性も高い丈夫な建物で、
屋上部分を緑地化するなどで、都市部で大きな問題となっている
ヒートアイランド現象等に貢献し、自治体によっては、
助成金を受けることができる場合もあります。

 

フィルパークの事業モデルのスキーム

事業モデルのスキームとしては、
土地オーナーは、建物を購入し、
テナントに賃貸をし、賃料収入を得るというものですが、
契約内容は、土地オーナーはフィルパークと
建物の企画・設計・管理などの業務委託契約、
工事請負契約、建物管理業務契約を締結し、
建物の企画、設計、管理を任せ、
テナントとは定期建物賃貸借契約を締結するということになります。

 

土地オーナーはイニシャルコストとして、
工事費、業務委託費が発生し、その後、
建物管理費用をフィルパークに支払い、
テナントからの賃料収入で投資コストを回収していくということになります。

 

原則として、フィルパークは、
初期のテナントの誘致を保証した契約となりますので、
建物を建てたもののテナントが入らずに賃料収入を得られないという
心配がありません。フィル・パークが独自のネットワークで
テナント誘致に尽力をします。

 

また、テナントとの賃貸借契約も「定期」での契約となります。
通常、賃貸借契約は、賃借人(テナント、店子)の権利が手厚く保証され、
土地オーナーが土地、建物を自分の意思で活用方法を変えようと思っても、
よほどの理由がないかぎり、店子に立ち退きを要求することができません。
このため、一度賃貸借契約を締結したら、
店子が自分から出て行くという決断をしない限り、
土地オーナーは自分の土地を自由に使うことができないというトラブルも
よく発生しますが、
定期での賃貸借契約では、契約を更新しないことが前提となりますので、
一定期間経過後に契約は終了し、土地を自由に利用することができます。
もちろん、一定期間経過後も土地オーナー、テナントの双方の意思が合致すれば
新たに定期賃貸借契約を締結し、テナントと契約を結び直して、
これまでのように賃料収入を得ることも可能です。

 

と、このようにフィルパークでの土地活用は、
駐車場収入だけでなく、建物の賃貸収入も合わせて得ることができ、
高い収益性を期待することができますが、
その半面、建物の建築費用や、企画、デザインの業務委託費用といった
初期投資と、その後の建物の維持管理の費用などのランニングコストも
発生しますので、コスト、リスクもあることをよく認識した上で、
高い収益性を期待したい方は検討するとよいかもしれません。

 

スポンサードリンク