駐車場経営のメリット、デメリット

スポンサードリンク

駐車場経営のメリット、デメリット

遊休地の活用方法として、駐車場経営という選択肢があります。
今回は駐車場経営のメリット、デメリットについて説明します。

 

駐車場経営のメリット

初期費用が少なく手早く始められる

アパートやマンションなどを建設し、家賃収入を得るという場合、
建設費に多額の資金が必要となりますが、
駐車場経営の場合、少額の資金で始めることができます。

 

運営会社に委託する場合であれば、
資金ゼロでも始めることができます。

 

また、アパート・マンションを建設する場合数ヶ月の時間がかかりますが、
駐車場の場合は数週間と設置期間が短く、
手早く始めることができ、すぐに資金を回収ができるというメリットがあります。

 

狭い土地、いびつな土地でも可能

アパートやマンションを建設する場合、ある程度の広さが必要で、
また形も三角地など変形地の場合、建設が不可能な場合がありますが、
駐車場の場合はこれらの土地でも設置することが可能です。

 

また店舗やオフィスにできない土地や、
マンション・アパートの需要が見込めない駅から離れた土地でも、
駐車場需要に対応し、安定した経営を見込める場合が多くあります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

転用、転売もしやすい

アパート・マンションの建物を建設した場合、
転用のために取り壊しをする際は多大な費用を要しますが、
駐車場の転用は用意なので、
撤退する場合のコストも少なくすみます。

 

駐車場経営のデメリット

税制上のメリットが少ない

アパートやマンションの経営の場合、
相続税、贈与税、固定資産税など
税金上の優遇を受けることができますが、
駐車場の場合、更地で高い課税上も高い評価額となり、
それらの優遇措置を受けることができません。

 

需要のリスク

これはアパート・マンション経営でも同じですが、
利用者がいなければ収入が発生しません。

 

アパート・マンションの場合は、設備の充実や家賃の減額などで
入居者の需要を掘り起こすことが可能な場合もありますが、
駐車場の場合は、周囲の環境に依存しますので、
料金を下げても需要を見込めないリスクがあります。

スポンサードリンク