コインパーキング経営はどれぐらい儲かるか?収入モデルについて

スポンサードリンク

コインパーキング経営はどれぐらい儲かるか?収入モデルについて

遊休地を利用してコインパーキングとする場合、
駐車場経営サポート会社に依頼することで管理の手間もかからずに、
ほぼ不労所得を得られるのがコインパーキング経営の魅力です。

 

コインパーキング経営はどれぐらい儲かるかということは、
駐車台数と稼働率によって決まります。

 

いかに高い稼働率にするかの立地ですが、
住宅街なのか幹線道路からどれぐらいの位置にあるのか、
周辺の賃貸駐車場がどれぐらいあるか、
それらの駐車場の稼動率はどれぐらいかをよくチェックしておきましょう。

 

コインパーキング経営の収入モデル

大ざっぱに計算すると、
駐車スペース1台あたりの1カ月の収入単価が4万円〜6万円
が目安です。

 

ですから、駐車スペース5台で単価が4万円であれば、月20万円、1年で240万円
駐車スペース5台で単価が6万円であれば、月30万円、1年で360万円
というイメージとなります。
駐車スペースは駐車場内の通路などを踏まえて考えると、
だいたい1台あたり20平米が必要ですから、
所有の土地の面積から駐車スペース何台のコインパーキングができるか算定し、
4〜6万円を掛けてだいたいの収入を計算してみるとよいでしょう。

 

そして、収入から固定資産税1.4%、都市計画税0.3%、所得税、
駐車場整備料を差し引いた額が利益となります。
駐車場経営サポート会社に運営を依頼する場合、
月々の保守管理費は3万円前後ぐらいが相場のようです。

 

また、収入モデルとしては、駐車場経営サポート会社が
駐車場開設に必要な設備機器や看板の設置などすべて負担し、
清掃、集金、メンテナンス、事故やクレームへの対応なども行い、
稼働率に関係なく、地主に一定額を支払うというものもあります。

 

こちらですと、稼働率に関係なく毎月安定収入が約束されますが、
稼ぎとしては、リスクを伴うぶんうまく稼働すれば前者のプランの方が
設けは大きいということになります。

スポンサードリンク