駐車場経営をするために必要な土地の広さについて

スポンサードリンク

駐車場経営をするために必要な土地の広さについて

駐車場経営のメリット

駐車場経営の大きなメリットとして、
狭い土地、いびつな土地でも可能という点です。

 

アパートやマンションを建設する場合、ある程度の広さが必要で、
また形も三角地など変形地の場合、建設が不可能な場合がありますが、
駐車場の場合はこれらの土地でも設置することが可能です。

 

また店舗やオフィスにできない土地や、
マンション・アパートの需要が見込めない駅から離れた土地でも、
駐車場需要に対応し、安定した経営を見込める場合が多くあります。

 

駐車場経営のために必要な土地の広さの目安

駐車場経営のために必要な土地の広さの目安は、
乗用車1台あたりの目安の面積は、
だいたい6〜7.5坪(20〜25u)です。
敷地面積100坪(約14台)以下の場合、
コインパーキング(フラップ式駐車場)が向いています。

 

ですから最低限、車2〜3台分の12坪(約4u)の
土地の広さがあればコインパーキング経営が可能で、
成功している多く例もあります。

 

敷地面積100〜300坪(約14〜42台)の場合は、
ゲート式駐車場、機械式立体駐車場が可能です。

 

敷地面積300坪(約42台)以上の場合は、
自走式立体駐車場が可能です。

スポンサードリンク