J-REITの仕組み

スポンサードリンク

J-REITの仕組み

REIT(リート)とは

REIT(リート)は「Real Estate Investment Trust」の頭文字をとったもので、
投資信託の一種です。
投資家から集めたお金で、マンション、商業施設などを購入し、
それらの不動産を運用し、
賃料収入や売却益などを投資家に分配するというものです。

 

1960年にアメリカで誕生し、日本では2001年にスタートし、
日本のREITは「J-REIT(ジェイリート)」と呼ばれています。

 

通常、不動産投資といえば、土地、建物の不動産を購入し、
賃料収入を得るようなものをいいますが、
REITの場合は、株式会社の株式を購入し、
配当金を受けるイメージに近く、
投資家は投資証券を購入し、
運用会社から収益の分配金を受けるという形で、
法律上、投資信託に分類されます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

REITの資金調達

REITの資金調達は投資家から集める資金以外にも、
銀行等の金融機関から融資を受けたり、
スポンサー企業から資金調達をし、運用をします。

 

J-REITの分配金

J-REITは、多くの場合、年に2回決算を行い、
運用が順調であれば年に2回分配金を行います。
(年1回決算のJ-REITもあります)

 

株式会社の場合、会社の税法上の所得に法人税がかかり、
今後の活動に必要な内部留保を差し引かれ、
残ったものを原資として配当金が支払われることになります。

 

つまり、会社が利益を上げたものからだいぶ搾り取られた残りを
分配されるということになりますが、
J-REITの場合は、一定の条件を満たすことにより、
実質的に法人税がかからず、内部留保もないので、
収益がほぼそのまま、まるまる分配金として
投資家に配当されますので、株式を投資する場合よりも、
投資家に分配しやすい金融商品という魅力があります。

 

スポンサードリンク