REITの情報を得るための目論見書、運用報告書とは

スポンサードリンク

REITの情報を得るための目論見書、運用報告書とは

REITにの投資する場合、REITのが上場廃止や、倒産するリスクがありますので、
十分に情報収集した上で投資をする必要があります。
REITの情報を得る方法としてjは、
目論見書、運用報告書を閲覧するというものがあります。

 

目論見書(もくろみしょ)

目論見書は、株式や債券、
投資信託などの有価証券の募集または売出しのために
投資家に投資判断に重要な情報を提供する文書で、
発行者名、事業内容、資本構成、財務諸表、
手取金の使途等の発行者に関する情報、
発行総額、発行価格、利率、払込日、
満期日等の発行する有価証券に関する情報、
引受人名、引受額、手数料等の引受に関する情報などが記載されています。

 

REITが証券取引所に上場したり、
公募増資をする際に目論見書が作成されます。

 

投資を考える際は、この目論見書を
よく読んで内容とリスクをしっかり把握しましょう。

 

なお、目論見書とほぼ同じ内容の
「有価証券報告書」は財務局等で閲覧することができます。

 

金融庁のホームページに掲載の
「EDINET」や証券取引所でも閲覧が可能です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

資産運用報告

資産運用報告とは、J-REITを保有している投資家に対して、
決算期ごとに資産の運用の状況などが記載されたものです。

 

多くのJ-REITが年2回決算を行いますので、
年に2回資産運用報告が作成されるのが通常です。

 

資産運用報告には保有物件、
投資法人の運用状況等の推移、分配金等の実績、
今後の運用方針、主要な保有資産、
借入状況などが記載されています。

 

多くの場合、新規取得物件や
保有物件が写真入りで紹介されています。

 

証券取引所に上場しているJ-REITの運用報告書は、
証券取引所で誰でも閲覧することができます。
また、ホームページから閲覧、ダウンロードできる場合もあります

 

スポンサードリンク