土地活用の種類、選択肢について

スポンサードリンク

土地活用の種類、選択肢について

所有する土地の活用方法には、さまざまな種類があります。
代表的なものを取り上げ、簡単にメリット、デメリットを紹介します。

 

土地売却のメリット、デメリット

土地を売却するということですが、
まずまとまったお金が得られるというメリットもありますが、
同時に譲渡費用、譲渡税がかかるというコストと、
今後の収益機会を失うというデメリットもあります。

 

とはいっても、現状収益の見込めない土地で、
固定資産税など管理コストばかりがかかる土地であれば、
今後値下がりすることも考えられますので、
早めに手放すことが損失を最小限に抑えられると考えることもできます。

 

等価交換のメリット、デメリット

等価交換とは、土地を不動産会社に売却し、
不動産会社がその土地にマンションを建て、土地の売主は、
そのマンションの一部を取得するというものです。
マンション建設等の資金がなくても
リスクを負わず活用できるというメリットがあります。

 

譲渡税の優遇措置を受けることができます。

 

デメリットとしては、土地の所有権の喪失し、
減価償却はできないという点です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

駐車場経営のメリット、デメリット

駐車場経営は、土地を駐車場にして収益を見込むというものですが、
少ない初期投資ですることができ、
小さな土地やいびつな形の土地でも有効利用できるのがメリットです。
運営会社に運営・管理を委託すれば、ほぼ不労所得となるのも魅力です。

 

ただし、駐車場需要のない立地では収益も
見込めませんので立地がものをいいます。

 

税制上のメリットは少ないです。
立体式駐車場の場合、転用や更地へ戻す場合に
費用が高くなるというリスクもあります。

 

定期借地のメリット、デメリット

期間を定めて土地を賃貸するというものですが、
土地を保有したまま分譲が可能で、
税制上の優遇措置を受けることができます。

 

一定期間で土地を返却するもので、
継続的な賃料収入を見込めますが、当然ながら
賃借人が地代を支払う能力があり続けるのが前提ですので、
優良な賃借人を選別する必要があります。

 

アパート・マンション経営のメリット、デメリット

ローンを組んでアパート・マンションを建設し、
賃料収入を得るという方法ですが、
賃借人がいれば家賃収入を得ることができますが、
空室となればローンの支払い、
維持管理費など出費だけとなるリスクがあります。

 

また、売却を考えた場合に売却損のリスクもあります。

 

オフィスビル・商業ビルのメリット、デメリット

アパート・マンションに向かない土地で、
オフィスビル・商業ビルとして経営する方法ですが、
建築コストが高くなる反面、高い賃料収入を得ることができます、
相続税、所得税対策にも有効です。
アパート・マンション経営と同様、空室リスクがあり、
そのリスクはアパート・マンション経営よりも
金額的に大きいものとなります。

 

ロードサイド店舗経営のメリット、デメリット

駅から遠い土地は、アパートやマンション、オフィスビルには
向かない土地となりますが、
駐車場のついた大型店やファミリーレストラン経営として
有効活用できる場合もあります。

 

管理業務の負担が小さく、高い収益性を見込める反面、
初期投資資金が大きく、テナントの撤退リスクがあります。

スポンサードリンク