土地の等価交換のメリット、デメリットについて

スポンサードリンク

土地の等価交換のメリット、デメリットについて

土地活用の選択肢として「等価交換」というものがあります。

 

等価交換とは

等価交換とは、土地をデベロッパー(不動産開発業者)に提供し、
不動産会社がマンションなど建物を建設して土地権利者とデベロッパー
それぞれの出資割合に応じて権利を取得するというものです。

 

土地提供者はマンションの一室と土地の持ち分を取得し、
そのマンションにご自身が居住してもよいですし、
賃貸物件として収益を得るということもできます。

 

建設費用不要

自身で建物を建設し売却するという場合は、
建設資金が必要となり、リスクが発生しますが、
等価交換の場合。建物の建設は不動産会社が行いますので、
土地の所有者は建設費用がかからず、資金が不要ですので
リスクを避けることができるというメリットがあります。

 

譲渡所得税

等価交換は、土地をデベロッパーに譲渡しますので、
原則としては土地譲渡益に対して譲渡所得税が発生するということになりますが、
一定の要件に合致する場合には、
譲渡所得税を100%繰り延べることができる特例があります。
(立体買換えの特例といいます。)

 

土地を相続した場合に持ち分で複数人で土地を共有している場合などは
等価交換を行うことにより、マンションの部屋できっちりとわけることができますので、
遺産分割がしやすく、かつ収益性の見込める選択肢となります。

 

スポンサードリンク