土地活用としての土地売却のメリット、デメリット

スポンサードリンク

土地活用としての土地売却のメリット、デメリット

土地活用の選択肢としては、アパート・マンション経営や駐車場経営など
賃料収入を得るという選択もありますが、
売却するというのも大きな選択肢のひとつです。

 

今回は土地売却という選択肢のメリット、デメリットについて説明します。

 

土地売却のメリット

土地売却の最大のメリットはやはり、
現金化することにより、そのお金を投資の原資とできるので
資産の再形成をできることです。

 

不動産価値の下落傾向にある土地であったり、
賃貸需要の少ない物件であれば、今後所有し続け、
維持費や、固定資産税・都市計画税などの税金などの費用を支払い、
さらに価格が下落するというリスクもありますので、早めに決断により、
リスク、損失を最小限に抑えるという意味合いもあります。

 

また、客観的に価値が下落していなくても、
個人的事情で、土地を活かすことができないのであれば
漫然と所有しているよりも現金化してしまった方がよいということもあります。

 

土地売却のデメリット

土地売却のデメリットとしては、
賃貸需要がある物件であれば収益機会を損失するという点、
売却にあたって所得税・住民税、印紙税といった税金や
仲介手数料、測量費、費用がかかってしまうという点があります。
また、不動産で所有しているよりも、現金化してしまうと、
贈与税、相続税の課税対象が大きくなるというデメリットもあります。

 

スポンサードリンク