【土地活用】定期借地のメリット、デメリット

スポンサードリンク

【土地活用】定期借地のメリット、デメリット

土地活用の選択肢のひとつに
定期借地(一時金方式)で土地を貸すという方法があります。

 

定期借地権とは、土地を貸す期間が定められ、
その期間が経過したら必ず土地を返還するという契約で
土地を貸すというものです。

 

かつては、土地は貸したら永久に返ってこないものとされていましたが、
平成4年8月1日新借地借家法により施行され、
「定期借地権」が生まれ、このような契約が可能となりました。

 

定期借地権

定期借地権は、次の三種類があります。

 

一般定期借地権

借地期間を50年以上とし、期間が満了したら、
原則として借り主は建物を取り壊して土地を返還するというものです。

 

地主は立退き料を支払う必要はありません。
借主には建物買取請求権はなく、地主は建物を買取る義務は
生じません。

 

建物譲渡特約付借地権

契約後30年以上経過した時点で、
地主が建物を買い取ることを
あらかじめ約束した契約で、地主が建物を
買い取った時点で借地権がなくなります。

 

事業用借地権

事業用の建物ためにする契約で
借地期間を10年以上20年以下としたものです。
建物は居住用住宅ではこの契約をすることはできません。
契約は必ず公正証書によってすることが必要です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

定期借地のメリット

定期借地方式により、固定資産税や相続税の
税制上の優遇措置を受けることができます.。

 

定期借地のメリットをまとめますと、
契約期間が満了すれば、立退き料も不要で、
建物買取請求権を行使されることなく
確実に土地が返ってくるという条件で
土地を貸すことで、元手が不要で遊休地を
有効活用でき、税金面の優遇措置もあるということです。

 

定期借地方式のデメリット

定期借地方式のデメリットとしては、
基本的に中途解約はできませんので、
一定期間の長期間転用が不可能になるという点です。

 

契約後にもっと収益性の高い活用方法の
見込みがあっても契約期間はそれに拘束されることに
なりますので、定期借地の契約する際は
不動産投資のプロなどに話を聞いて、
他の活用方法も吟味し、慎重に決断すべきです。

 

スポンサードリンク