オフィスビル・商業ビル経営のメリット、デメリット

スポンサードリンク

オフィスビル・商業ビル経営のメリット、デメリット

土地活用の選択肢としてオフィスビル・商業ビルを
経営するという方ホオウがあります。
今回はオフィスビル・商業ビル経営のメリット、デメリットについて
説明します。

 

商業ビル経営のメリット

オフィスビル・商業ビルの賃料は、
アパートやマンションの家賃を大きく上回るのが一般的で
高い収益性が期待できますが、
OA環境の整備や電気容量設備などが必要となり、
建築費はアパート・マンションよりも多額になります。

 

アパート・マンションよりも初期投資、維持管理費が高いけれども、
賃料収入も高いのでハイリスク・ハイリターンの投資方法であると言えます。

 

建築基準法の規制により接道部分が少ない土地など
アパート・マンションを建築できない土地でも、
オフィスビル・商業ビルの場合、
建築基準法の規制がゆるいので可能な場合もあります。

 

また、立地で、居住用の入居需要を期待できない土地でも、
オフィスビル・商業ビルであれば
店子需要を期待できるということもあります。

 

税制上の優遇措置

アパート・マンションを建築した場合と同様に、
オフィスビル・商業ビルを建築した場合も
税制上の優遇措置を受けることができます。

 

相続税評価は更地よりも2割前後低くなります。
建物は減価償却費として計上することで節税効果を期待することができます。

 

ただし、アパートやマンションの場合、
「住宅用地」として固定資産税・都市計画税の軽減が受けることができますが、
オフィスビル・商業ビルはこの軽減措置を受けることができません。

 

スポンサードリンク