太陽光発電のメリット、デメリット

スポンサードリンク

太陽光発電のメリット、デメリット

土地活用の選択肢のひとつに太陽光発電があります。
太陽光発電とは、屋根や土地を事業者にソーラーパネルを設置し、
それを電気に変換し、電気、収益を得るというものです。
あるいは、屋根、土地を貸出し、賃料収入を得るというものです。

 

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットは、屋根や、他に利用価値のない広大な土地や
山林・原野・雑種地・荒廃した土地など使い道も、売り手も見つからないような土地でも、
収益化をすることができるということです。
クリーンエネルギーで環境保全に貢献し、光熱費を削減でき、
電力会社に電気を売ることで収益を得ることができます。
金融情勢に左右されることなく、安定した収益を見込むことができ、
また節税対策としても有効です。

 

太陽光発電の土地活用のデメリット

太陽光発電の土地活用のデメリットとしては、
日照条件に左右され、土地はある程度の広さが要求されるという点です。

 

下記のリンクのソーラーパークは、
太陽光発電の施工実績がグループ全体で10000件で、
土地付き太陽光発電の分譲販売、産業用太陽光発電、
メガソーラーの導入・資金調達などのコンサルティングの対応もしています。
10%近い高い利回りも期待できますので、使い道の困った土地をお持ちの方は、
検討してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク