サブリースのメリット、デメリット、注意点

スポンサードリンク

サブリースのメリット、デメリット、注意点

不動産のサブリースとは

不動産のサブリースとは、物件を不動産会社に賃貸し、
不動産会社はさらに転貸するという方法です。

 

基本的には大型物件、一棟の借り上げなどが中心であるが、
マンション一室単位や、アパート併用の住宅、1戸建てなど
小規模の物件でもサブリースを
することのできる不動産会社も増えています。

 

サブリースのメリット

サブリースのメリットは不動産会社に賃貸することで、
入居者の集客から運営管理、クレーム処理などまで、
不動産会社が行いますので、物件所有者は
知識も不要で空室リスクやさまざまな手間から開放され、
不労所得で安定した収入を継続的に得ることが可能という点です。

 

サブリースのデメリット

デメリットとしては、運営管理を不動産会社に任せるため
不動産会社の取り分が差し引かれますので
自身で運営する場合よりも相場収入が
少なくなる(相場賃料の8割〜9割程度)という点です。

 

サブリースの注意点

注意点としては、不動産会社によって賃料算定方法が異なりますので、
「相場賃料の8割〜9割」として提示された額が実際は、
7割以下という場合もあります。

 

ですから、ご自身で賃料相場をチェックし、
また、複数のサブリース会社に見積もりを依頼し、
契約の段階で悪い条件で契約してしまわないようにしましょう。

 

スポンサードリンク