不動産投資ローン、金利について

スポンサードリンク

不動産投資ローン、金利について

不動産を購入し、運用して収益化するという不動産投資を
行う際の不動産購入資金ですが、
不動産ローンの限度額が不動産の80%〜100%ですので、
自己資金として最低限、物件価格の10?20%前後の
自己資金が必要だと言われています。

 

一般的に不動産投資ローンは、住宅ローンよりも審査が厳しい

ご自身の住宅ローンなど、借り入れが残っている場合でも、
不動産投資ローンを利用することは可能ですが、
融資限度額や金利に影響します。

 

一般的に不動産投資ローンは、
住宅ローンよりも審査が厳しくなります。

 

不動産投資ローンの場合も、住宅ローンの場合と同様に
団体生命保険が付されますので、
ローンの完済前に借り入れをした方が亡くなっても
遺された家族の方は返済をする必要はありません。
(複数の不動産ローンを組んだ場合も、
不動産ごとに団体生命保険に加入することになります。)

 

なお、生命保険の場合年齢によって支払う保険料は
異なり、その負担額は20代と50代の方であれば3倍以上
開きがあるのが一般的ですが、団体生命保険は、生命保険と異なり、
年齢によって保険料が高くなるということはありません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

投資物件の利回りが高く、
担保価値が高く評価される場合は、
自己資金を少なくすむ場合もあります。

 

また、不動産の担保価値だけでなく、
借り入れを行う方の収入状況によっても融資限度額は異なりますので、
収入の多い方は自己資金が少なくすむ場合もあります。

 

不動産を購入する際にかかる費用で不動産投資ローンに含まれないもの

なお、不動産を購入する際には、
不動産仲介手数料、登記申請を依頼する司法書士への報酬、
各種保険料、銀行に支払う手数料などの費用がかかりますが、
これらの諸経費は不動産投資ローンに含まれず、
自己資金で用意する必要はありますのでご注意ください。

 

不動産投資ローンの金利

不動産投資ローンの金利は、
金利変動型と、金利固定型があります。
金利については、不動産の担保価値、借り入れする方の状況によって
決定されますので、一概には言えませんが、
だいたいの目安としては変動型の場合2%〜8%程度、
固定型の場合2%台あたりが多いようです。

 

スポンサードリンク