住宅ローンの繰り上げ返済のメリット、注意点

スポンサードリンク

住宅ローンの繰り上げ返済のメリット、注意点

住宅ローン繰り上げ返済とは

住宅ローン繰り上げ返済とは、住宅の購入資金を銀行から借りて、
月々の返済をしていく住宅ローンですが、月の返済額とは別に
まとまったお金を返済するというものです。

 

住宅ローンには利息が発生していますので、
まとめて返済をし、元本を減らすことで
そのぶんにかかる利息をカットし、
返済総額を減らすことができるというものです。

 

返済総額を減らし、月々の返済額を少なくしたり、
返済期間を短くすることができるので、
資金に余裕があれば、繰り上げ返済は基本的にメリットは
大きいですが、注意点もあります。

 

住宅ローンの繰り上げ返済のデメリット、注意点

まず、住宅ローンの返済をしている場合、
最長10年間、「住宅ローン税額控除」を受けることができます。

 

住宅ローン控除適用期間中に繰り上げ返済をすることで、
税額控除が少なくなるというデメリットがあります。
また、繰り上げ返済には、手数料などが発生する場合もあります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="9029520528">

 

繰り上げ返済をする際に
特に注意が必要なのは、繰り上げ返済は
「資金に余裕があるときにする」ということです。
くれぐれも、貯金をすべて繰り上げ返済するというようなことはやめましょう。

 

ご家族の病気、事故、学費や急な出費など、
今後、発生しうる事態に備えて、余裕をもった蓄えをした上で、
返済可能な額を繰り上げ返済すべきです。

 

目安としては、半年分の生活必要費はストックしておいた方が無難です。

 

繰り上げ返済を検討する際は住宅ローンの借り換えも検討すべき

ここでひとつ提案ですが、
繰り上げ返済を検討する際は、
ある程度資金に余裕があるということで、
収入面に余裕がある場合と思いますが、
このような状況であれば、住宅ローンの
借り換えがしやすい(審査が通りやすい)状態とも言えます。

 

繰り上げ返済をするよりも、金利の低いものへ
借り換えを行うことで、返済総額を減らせる場合もありますので、
住宅ローンの借り換えもあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク