住宅ローンの固定金利の種類とメリット、デメリット

スポンサードリンク

住宅ローンの固定金利の種類とメリット、デメリット

住宅ローン、不動産投資ローンの金利には
金利変動型と金利固定型がありますが、
今回は固定金利のさらに細かい種類と
メリット、デメリットについて説明します。

 

固定金利型とは

固定金利型とは、借り入れたときの金利が、変化しないものをいいますが、
全期間固定金利型と固定金利選択型があります。

 

全期間固定金利型

全期間固定金利型は、金利が全返済期間変わらないもので、
借り入れ時から変更ができまないものをいいます。

 

金利の変動がないため、将来設計がしやすいというメリットがありますが、
経済動向により変動型の金利であれば低金利であった場合も
全期間固定金利ですと変更できないというデメリットと、
経済動向により変動型金利が上昇しても
リスクがないというメリットがあります。

 

固定金利選択型

固定金利選択型は、一定期間の固定期間が設けられ、
期間を満了後に、変動金利に移行するか固定金利のままとするかを
選択できるものをいいます。

 

例えば5年固定、10年固定というように固定期間があり、
それぞれの期間経過時に変更を選択できるというものですが、
長い期間の方が金利が優遇されます。

 

銀行ローンの固定金利選択型の場合、固定期間が満了時に、
自動的に変動金利型に切り替わることになるので注意が必要です。
再度、固定金利選択型にしたい場合は、
銀行に事前連絡と手数料を支払う必要があるというデメリットがあります。

スポンサードリンク