住宅ローンの変動金利のメリット、デメリット、注意点

スポンサードリンク

住宅ローンの変動金利のメリット、デメリット、注意点

住宅ローン、不動産投資ローンの金利には
金利変動型と金利固定型がありますが、
今回は変動金利のメリット、デメリットについて説明します。

 

変動金利とは

変動金利とは、経済情勢に応じて金利が変動するタイプのものをいい、
金利は半年ごとに見直しされます。

 

金利が変動しますので、低金利であれば返済の負担も少ないですが、
金利が高くなれば金利の負担が大きくなります。

 

固定金利と比較して低い金利が続いている状況でも、
いつ金利が上昇するリスクがあるかわかりません。

 

金利が急上昇した場合でも、5年間返済額は一定で、
5年後に返済額が上がった際も、
それまでの返済額の1.25倍が上限というルールがあります。
これにより急に月々の返済額が増えて
生活を圧迫するということはありませんが、こわい面もあります。

 

金利が急上昇したのに返済額は同額なわけですから、
ヘタをしたら返済額が月々の利息よりも少ないこともありえます。

 

この場合、元本も減らない上に、
未払いの利息が蓄積されていくことになります。

 

現在の金利が固定型の金利より低いものでも、
それだけで安易に変動金利とするのではなく、
慎重に決断するようにしましょう。

 

もちろん、金利変動リスクというデメリットもありますが、
結果的に固定金利よりも低い金利が続き、
返済額が圧倒的に少額であったということもあります。

 

低金利のうちに繰り上げ返済をして、完済してしまうことができれば
かなり返済額を圧縮することも可能です。
このようなメリット、デメリット、リスクを踏まえて、慎重に決断しましょう。

 

 

スポンサードリンク