不動産融資審査、契約の必要書類

スポンサードリンク

不動産融資審査、契約の必要書類

今回は不動産投資のための融資を受ける際に
必要となる書類を説明します。

 

融資の審査、契約は大きくわけて次の3つのステップとなります。

 

@事前審査
A融資の申込み
B契約締結

 

それぞれに必要な書類等について説明します。
なお、金融機関によってこの他必要となる書類がある場合も
ありますので、詳しくは各金融機関にお問い合わせください。

 

事前審査に必要な書類等

本人

・事前審査申込書
・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
・所得を証明する書類
・住宅ローン等の返済予定表
・不動産のチラシ(登記事項証明書、
地積測量図、公図なども準備しておくとなおよいでしょう)

 

連帯保証人

・所得を証明する書類
・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)

 

「所得を証明する書類」とは、サラリーマンの方であれば、
それぞれ3年分の源泉徴収票、住民税課税証明書です。
自営業、法人の経営をされている方は、
それぞれ3年分の確定申告書のコピー、納税証明書のコピー、
法人決算書、法人納税証明書などです。

 

申込み、契約時に必要な書類

本人

・住民票の写し (3ヶ月以内のもので、家族全員の記載があるもの)
・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
・所得を証明する書類
・実印、印鑑証明書
・売買契約書・手付金、重要事項説明書など投資物件に関する
書類も締結次第提出しましょう。
また、他に投資物件の不動産を所有している場合は、
賃貸契約書、ローンのある場合は、返済計画表、
所有金融資産のエビデンス(預金通帳、株式明細、保険証券など)
があるとよいでしょう。

 

連帯保証人

・住民票の写し (3ヶ月以内のもので、家族全員の記載があるもの)
・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
・所得を証明する書類
・実印、印鑑証明書

スポンサードリンク