住宅ローン借り換えのタイミング

スポンサードリンク

住宅ローン借り換えのタイミング

現在利用している住宅ローンよりも、
金利や繰り上げ返済の条件がよいものがある場合、
借り換えを行うことで大きなメリットを得られる場合があります。

 

また、転職や収入が減少などの事情がある場合も、
借り換えを行うことでリスクヘッジすることもできます。

 

自営業の方や年齢の問題で、将来借り換えが難しくなるという場合も
ありますので、状況の変化に応じて早めに借り換えを検討することで
リスクを回避することができます。

 

住宅ローンの借り換えで最も着目すべき点

住宅ローンの借り換えで最も着目すべき点は、
金利ですが、借り換えをうまく行うことにより、この金利を抑えることによって、
返済総額が減少し、月々の返済額あるいは
返済期間を減らすことにつながります。

 

また、繰り上げ返済を考えたときに現在の住宅ローンよりも
条件のよいところに借り換えした方が、メリットが大きい場合もあります。

 

住宅ローンの借り換えの相談

住宅ローンの借り換えの相談は、
借り換え先候補の金融機関にすることももちろんでき、
直接話を聞いておくべきではありますが、
やはりどうしても金融機関の担当者の方は自社のメリットを
強調しますので、デメリット、リスクの面がわかりずらいこともあります。

 

ですから、住宅ローンの借り換えを検討する際は、
FP(ファイナンシャル・プランナー)や住宅ローンの専門家など、
第三者のコンサルを受けてみるのもよいかもしれません。

スポンサードリンク