住宅ローンの団体生命保険とは

スポンサードリンク

住宅ローンの団体生命保険とは

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、「団信」と呼ばれたりしますが、
住宅ローンを組む際に、加入する保険で、
住宅ローンの借り入れをした方がローンを完済する前に亡くなった場合、
残債務を保険会社が支払うというものです。

 

ですから、一家の主は亡くなっても残されたご家族の方は、
住宅ローンの支払いをする必要がなく、
その住宅に住むことができるというものです。

 

団体生命保険は、事実上、ほとんどの銀行でほぼ強制加入

団体生命保険は、事実上、ほとんどの銀行でほぼ強制加入となっており、
保険料は、住宅ローンの月々の返済に組み込まれます。

 

住宅金融支援機構の「フラット35」を利用する場合は、
団信への加入は任意とされていますが、加入しておいた方が安心でしょう。

 

団体生命保険は、健康状態の審査がある

なお、健康状態の審査があり、ガン、心臓病、脳卒中の
3大成人病などにかかった方は審査の通過が難しいかもしれません。

 

通常の団信では死亡や高度障害以外の理由で、
返済能力を失った場合は、保障の対象となりませんが、
疾病を保障の対象とする特約をつけることができる場合もあります。
なお、団体生命保険を解約した場合は、再度加入することはできず、
加入せずに住宅ローンを組んで、後から加入するということもできません。

スポンサードリンク