提携ローンの仕組み、メリット、デメリット

スポンサードリンク

不動産投資の提携ローンの仕組み、メリット、デメリット

不動産投資の提携ローンとは

不動産投資の提携ローンとは、
不動産の売主の不動産会社が提携している金融機関で
ローンのことを組むことをいいます。
不動産会社と金融機関が提携しているため、
手続きの段取りが不動産会社のアドバイスを受けて
まとめておこなうことができ、審査も、直接金融機関に申し込むよりも通りやすく、
スムーズにすすむというメリットがありますが、
不動産会社に支払う手数料が発生する場合もあります。

 

提携金融機関が優遇金利を用意している場合もありますが、
提携ローンだからといって、必ずしも、他の金融機関に直接申し込むよりも
有利な条件となっているわけではありません。

 

提携ローン以外を認めない不動産会社もある

ご自身で金融機関を吟味し、条件のよい金融機関を見つけて、
そちらでローンを組むことも可能です。

 

不動産会社によっては、提携ローン以外の金融機関からの融資を
拒む場合もあるようですが、無理にこれに従う必要はありません。
不動産会社としては提携の金融機関を利用してもらった方が
うまみがあるので、提携を勧めますが、
それが必ずしも利用者の利益になるとは限らず、
利用者の側にも選択する権利は当然にあります。

 

もし、あまりにも頑なに提携ローン以外を認めない態度でしたら、
他の不動産会社で物件探しをすることを検討してもよいでしょう。

 

契約時に不動産会社に勧められるままに
提携ローンを組んだものの、他の金融機関に借り換えをした方が
金利が低く有利だということもあります。
その際は借り換えを検討してみてもよいでしょう。

スポンサードリンク