住宅ローンのつなぎ融資の流れについて

スポンサードリンク

住宅ローンのつなぎ融資の流れについて

マイホームを購入する場合、銀行で住宅ローンを組んで
購入する場合がほとんどですが、
すでに建物が完成している建売の場合は、
銀行の審査を通過して融資を受けて引き渡しという流れでよいのですが、
これから建物を建てる注文住宅の場合は、
建物の完成前に支払いの一部(着工金、中間金)が発生します。
銀行から融資が行われるのは、建物が完成してからですので、建物完成前に、
着工金、中間金を用意できない場合に、
銀行からその資金を融資してもらうことをつなぎ融資といいます。

 

注意が必要なのは、
つなぎ融資を行っていない銀行もある
という事です。
また、つなぎ融資のみを行っているという場合もありませんので、
着工金や中間金を自己資金で準備できないという場合は、
つなぎ融資ができる金融機関で住宅ローンを選ぶということが必要です。

 

注文住宅でつなぎ融資を受ける場合の流れ

注文住宅でつなぎ融資を受ける場合の流れは、
まず銀行でローンを組んで土地を購入し、
(この時、融資を受ける銀行は建物の建築代金の融資、及び
つなぎ融資を受ける銀行ですので、
つなぎ融資を行っていない銀行から借りるという選択肢はありません。)
工務店と住宅設計の打ち合わせをし、つなぎ融資を申し込んで審査を受け、
融資がおりたら工務店に着工金を支払い、
工事を開始し、また、つなぎ融資で中間金を支払い、
建物が完成し、引き渡しを受けて、住宅ローンの融資で
工務店に建築代金を支払い、また、住宅ローンの融資のお金で
つなぎ融資を返済し、あとは月々、住宅ローンを返済していくということになります。

スポンサードリンク